がんばってるぞ~~~!

月日は早いもので、あれあれよと9月になるところです。
8月25日には佐藤先生が二人の考古学実習生を連れてきました。この二人には去年も参加した田代、片岸の両君です。根っから考古学が好きのようです。

20時間以上もかけてやっとウムカイスの宿舎へ到着、ほっと一息のときです。
そして一方、アラビア語研修もあっという間に修了。無事皆全員後湯隠したようです。

今年の研修生の成績は如何に?大変良くできました。中条、橋本、木保、佐藤、奥村。この中でも橋本君は今から1年間の留学生活です。がんばってください。
このアラビア語研修の修了と同時にヨルダンの研修旅行へしゅっぱ~つ!
今回はワディラム、ぺトラ、死海という2泊3日でした。

ぺトラのエルハズネの前で記念撮影。

ワディアラバの眼下に見ながら。遠くにはイスラエルが見える。

これが死海だ~~!

死海で浮んだ感想は?ひりひり、ちくちく?

# by matsumotoken | 2014-09-01 03:32

ローマングラスと言われるもの?


P17出土、このようなワイングラスで食事や談話を楽しんでいたのでしょうか?通常、ガラス製品は完全なままで発掘されませんが、今回何んとか破片を接合することができました。墓の副葬品として多数納められることが多く、墓が見つかると完全な形のガラス製品が発見されることがあります。
# by matsumotoken | 2014-08-22 04:19

3D撮影が簡単にとれるようになった。


N18,上からの平面図


N18,斜めから断面入り図
# by matsumotoken | 2014-08-20 01:48

破片だがなかなか良いもんだ!


ウムカイス、P17出土、牡牛の浮き彫り
# by matsumotoken | 2014-08-14 04:00

ヤルムーク大学語学研修学生諸君は元気にやっていま~~す。

今年の学生は異文化に適応能力がありそうで、全然問題なくしっかりアラビア語研修をしているようです。がんばれ~~!
ウム・カイスの発掘調査はジャファーと二人なので少々多忙。またへりも最初はよかったが、ついにバランスを崩して、遠くに飛んでいきそうになり。やむなく下降させたところ、カメラとヘリを繋ぐところの支柱のようなもの、その他カメラの指示板に文字が出なくなり。そのまま、それらをテープなどで巻き上げて修復したが、今度は着陸するときにさらに壊れて、万事休す。それでもまたヘリの脚にカメラを水平に固定して、飛ばしてみたが、不安定でどこへ飛んでいくか不安で、今度は少々勇気がいる。今一時休翼状態。
ヘリがだめならとまた棒の先にカメラを着けて発掘経過を撮影。それを3Dに、それを紹介。

今日は金曜日で休み、皆がウムカイスを尋ねてきました。

痛々しいヘリ。勇姿はどこに。

平面図

断面もよく取れているが、解像度がいまひとつ。


# by matsumotoken | 2014-08-14 03:23
< 前のページ 次のページ >