2005年春から始まった発掘調査の概報をお伝えします。


by matsumotoken

<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日9月27日私は何とかウムカイスに着いた。今日のエミレーツの便は2時間くらいしかドバイにいない。待ち時間が短くて助かる。そうしても急いで帰っても途中銀行によったが、それでも12時50分着、既に戸田先生は帰り支度でまっていた。僅かに5分だけ話して、ではさよ~~~~なら。ということですれ違いの一瞬であった。ご苦労様でした。ところで残った富田先生、平山洋君は以外に元気。大分慣れたこともあるだろうが、気候もよくなった。涼しい。今が一番良い季節かも。それでも今4時前5分、急にコラーンがなり響いた。アッら~~ほアクバル。皆元気で何よりだ。 
とりあえずの報告です。また発掘は最後の残り数日の追い込みです。面白いところです。待っててください。
c0112823_2384887.jpg


c0112823_2321210.jpg
表面の銘は「CONSTAN TINVS AVG」で「Constantinus Augustus
(コンスタンティヌス帝)」の意味です。裏面は「PROVIDEN TIAE AVGG RQ」で「Providentiae Avgsti
Rome(神君アウグストゥスたち、ローマ)」の意味です。
図像ですが表面はコンスタンティヌス大帝の彫像です。裏面は軍門(Campgate)で、門の上には砲台が二つあり、その間に星が描かれています。
このコインはおそらく紀元後の326年にローマで造幣されたコインと思われます。RQないしRPという銘はローマを表します。
類例を2つほど添付ファイルにてお送りします。ご確認ください。(江添)
このコインは結構有名でかなり知られているようだ。しかし同じ文様でも微妙に違うことも分ってきた。一人の皇帝のコインでもまた微妙に違う。コインもはっきりして文様が分るのはまた面白さも違う。
by matsumotoken | 2009-09-27 22:36
8月9日に出発して、アラビア語3週間、考古学実習2週間あわせて5週間のヨルダンでの実習を成し遂げ、いろいろと経験し、9月13日、無事帰国した。出月、丹野、斎藤、早川、そして考古学実習のみ参加の鎮西、また1年生のときから何度も来て、今では先輩4年生として後輩の面倒を見ている福原、皆、成長して逞しくなった。今回、私は一時帰国。今は戸田先生と富田さん、平山洋が頑張っている。後藤君はイラク人研修を終え、10日に帰国。ご苦労様。平山は、自分がやらねばならないという責任感をもって頑張っていることだろう。ラマダーンは20日頃まで終了。9月21~24日までの4日間はイードで休みである。現地作業員もこのイードを楽しみに頑張っている。
c0112823_4235753.jpg

実習終了時のウムカイスでの記念写真。
by matsumotoken | 2009-09-14 04:27
一番大事なときなのにウィルスが侵入、我々のパソコンは大危機である。本体ワークステーションが重症。そのためにそれを利用した人は完全に汚染されいる。私のパソコンもやられた。今は必死にその処理と対策を急いでいる。困ったものだ。そんな事が実際にあるのだということを思い知らされた。今度のウィルスは特に写真などの交換にUSBメモリーを使っての移動等によって感染が見られる。今動けない状態である。今後は更に汚染は広がる。そろそろ学生は帰るときになってきた。今は自分達で掘った遺物などの実測などの研修を行っている。皆、それzぽれ自分が少しわかってきたようだ。この年になってもまだ自分が分らない私ですーーーー。
by matsumotoken | 2009-09-08 22:58

またまた大発見!!!

J13の地区は戸田先生指導のもと平山君が担当、そこから何とはっきり分るコインがでた。これは読めそうだが、これから参考文献を見て研究中。特にこの門の刻印はどうもガダラの門の形ではない。どうやらベートラースの門ではないかと思われるが????いずれ明確に。それにしても学生が来てから毎日10個以上のコインが出る。珍しい現象だ。運の良い学生ばかりのようだ。結構結構。
昨日はペトラに皆で行った。木曜の夜から金曜の夜9時まで、結構強行軍だったが、皆楽しかったとの好評。私はビデオでとったので写真はなし、いずれ皆から貰って報告したい。
また今日はイラクの研修生が来ているはずだ。明日から研修!!!
c0112823_235471.jpg

Coin表
c0112823_2355299.jpg

コイン裏
by matsumotoken | 2009-09-06 02:37
8月30日ヤルムーク大学での3週間のアラビア語コースの研修を無事終えた。修了書というか成績表を渡す授与式があった。出月、丹野、小川、斎藤、早川の5名だが、皆頑張った。初めての外国生活、ヨルダンでの文化生活の違いもあり、また今はラマダンの真っ最中。しかしそれらを乗り越えてアラビア語の勉強をしたと皆自信を持った。各人かなり良い経験をしたようだ。記念品も戴いて皆満足のようだ。
その足でウムカイスへ向い、調査団と合流。部屋割りをして一安心。
一夜開けて31日、今日は早速、4時半頃から起きて、5時過ぎに朝食、そして5時40分に出発、簡単に説明を聞いて発掘開始、途中10時の休憩で、小川は帰る、今日は鎮西君が朝9時20分にアンマンに着き、12時頃にウムカイスに着く。戸田先生が向えに行った。それから12時45分頃に小川は空港へ出発。夕方5時半の飛行機に乗って帰国の途に着く。今から2週間の考古学実習が始まる。
c0112823_3332775.jpg

語学センターモハムードセンター長の部屋で皆で一緒に記念撮影
c0112823_335897.jpg

アラー先生とともにアラビア語コースの教室の前で記念撮影、皆、優しい先生方だ。
c0112823_0405056.jpg

ウムカイスで考古学実習始まる。さて何が出てくるかな?え~~~っ!早速、コインが出た!!?
by matsumotoken | 2009-09-01 00:43