2005年春から始まった発掘調査の概報をお伝えします。


by matsumotoken

<   2009年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

皆、元気にやっている。

c0112823_1245248.jpg

シャバーブの休憩時間
c0112823_12455099.jpg

七面鳥に食らいつく、うま~~い!
by matsumotoken | 2009-12-29 12:46

三井と関が来た。r

シャバーブがきた。シャバーブが頑張ってくれるだろう????
by matsumotoken | 2009-12-26 03:38
すでに今日は25日でクリスマス祭日で金曜日で休日。今日は朝から戸田先生、七面鳥料理に取り組んでいる。昨日アハメッドに言って七面鳥を探してもらい、やっとのことで手に入った。7キロで25JDである。かなり値段的には高い。ただハーリッドの料理もワンパターンになっている今日この頃。さてお味のほどは??
また今日25日は9:50分に学生2人(関、三井)が到着の予定。アイマンが迎えに行っている。彼らにも到着早々御馳走が待っている。
近況はこのところいい天気が続き、昼間は暑いほど、そのためか何とタンポポやアネモネの花が咲き始めた。季節的には春の3月頃に咲く花である。どうやら春と勘違いしているようだ。その中で遺物整理を進め、また一方ではバルーンをあげての写真測量の準備を進めている。小野さんの出番である。今回ヨルダンチームの広大な100m四方の範囲のフォーラム、また300mほどのローマ通り、そして我々の発掘地の測量を予定している。しかし天気次第である。雨、風の中ではバルーンは使えない。今回はさらに50m~70mの高さからの撮影も挑戦したいのだがーーー。アッラーケリーム。写真も掲載したいのだが、ただいまパソコンの調整中。
by matsumotoken | 2009-12-25 14:51
昨日18日金曜日で雷もなっての大雨、道路も川のようになって、雨水が勢い良く流れていく。遺跡も今朝行くとモザイク床も水につかるほどの大雨だった。今日はその雨などから護るために、トタン屋根を作って被せた。しかし皆にも見せてやりたいとも思う。どうすれば良いのやら。
ところで何故か朝5時頃のコーランが聞こえてこないなー?金曜日の休みは普段以上に朝からコーランが聞こえてきて、一日中祈る日だ、それが町はシーンとしている午前中、流石に午後には始まった。
それは今日分ったのだが、ヘジラ暦新年で元旦だったのです。元旦と言っても特別何も変わったことはなかったですが、祭日が休日金曜日と重なって、人々は1日しか休めず、面白くないのです。ところが、祭日と休日が重なったのは昨日だけに留まらず、今度のクリスマスの25日の祭日、さらに2010年新年元旦の祭日が休日金曜日と重なった、何とか休みを増やしてくれーーーと、皆叫んでいるそうだ。その点、日本は不景気だが、或いはだから、休みが長~~~い。
明日はエイズ検査に行かねばならない、網ウムカイスに戻って一ヶ月たった。早い~~~。
by matsumotoken | 2009-12-20 00:17

頑張っています。

今は遺物整理をしながら、新たにAbuNamelと言う地域の墓地(初期ローマ時代の門の西側に広がる墓群)の調査をしています。今日で300以上墓になるでしょう。かなりのハードワークです。墓の番号をつけて、墓の長辺の長さと短辺、そして方向を測定して、そして写真を撮ります。しかしながらかなり良い勉強にはなります。そろそろ戸田先生、小野さんもお見えになるでしょう
c0112823_0555616.jpg

がばっています~~。

c0112823_0595060.jpg

これは恐らく12世紀ぐらいのイスラム教徒の女性の墓です。何故女性と分るのか。それは頭や足のところが縦の石が置かれているからです。因みに男性の場合は横に石が置かれています。写真が横位置なってしまいました。
by matsumotoken | 2009-12-17 01:04

雨上がりのモザイク

今朝は晴れていたが段々風が強くなり、そして雲が厚くなり、遂に午後は雨風になり、そして今は夜だが土砂降り。国士舘ハウスの前の通りは川のように雨水が勢い良く流れている。
今日ではないが雨上がりのウムカイスはまたすばらしい。紹介しよう。
ところで今日ヌール嬢がどうしたのかなと思っていたら、メールで私、母親になりますと書いてきた。
Conguraturations!
c0112823休んだので_415526.jpg

ウムカイスのローマの大通り。今は排水溝(通りの両側にある)が詰まっていて、水が溜まる。
c0112823_4182720.jpg

雨上がりのモザイク
c0112823_4201769.jpg

今このモザイクのデザインをパソコンで復元中。
by matsumotoken | 2009-12-13 04:23

遂に見つけた?

それはでか~~いキノコ。それもアブガーシムが見つけた。彼はよく何でも知っている。特にキノコ探しの名人だ。それをとって早速、朝食(朝10時~10時半)用に料理した。それを少々御相伴に与る。美味し~~~い。最高ーーー!オリーブオイルに玉葱を小さく刻み、キノコを入れて軽く火をとおす。それで出来上がり。やはり自然の中で育ち、しかも取り立ては甘味があって美味しい
c0112823_17231175.jpg
c0112823_17234387.jpg

アブがーシム。彼は真面目で、こつこつと良く働くし、何でもよく知っている。オリーブの木も100本以上は持っているとのこと。また彼の息子の一人は今オランダの大学で考古学を勉強中で、修士課程だそうだ。子供は12人の子沢山。
c0112823_17245041.jpg

トマトペースト味のアラブ料理とキノコ料理、とピーマン、トマトの野菜、ヨーグルトそしてホブスが一般的な朝食
by matsumotoken | 2009-12-11 17:25
今日も朝方雨が降って、昼頃は晴れ、夕方はこのようなどんより雨、こんな雨で、少々寒い。冬型オーバーがそろそろいるか?というところ。。私も今日からユニクロの雨風しのぐ雨合羽。雨傘のことをこちらではシャムシーアという、それは日傘のこと。では雨傘は何と言うのかというと、それはないらしい。それで皆雨傘は持っていないし、雨の中を堂々と平気な顔して歩いていく。これが雨の降る感謝となぜか喜びみたいなものを感じながらここの中東の人々は雨の中を歩く。私は折りたたみ傘を差して、ひょいひょいと足早にかけていく。
冬のことをアラビア語でシタというのだが、これは雨季に近い。しかし雨季はこの国では短いときもあれば長雨のときも、そこでここで言う冬とは12月~2月までのことを言うらしい。
遺跡の断面も雨で壊れてきた、早く写真測量を!! 平山洋も大分写真測量が出来るようになったが、まだやりなおし~~もある。何とか完成しないと!
c0112823_4151043.jpg

ウム・カイスの町の夕方
by matsumotoken | 2009-12-08 04:18
ウム・カイスは今日雨が降った、朝ちょっと風もあって、濡れるのが嫌で、折りたたみ式の傘を差して、遺跡に行った。雨も午後止んでスッキリとした天気になった。すると何故か若者の声、そして見せてくれたのが、何と~~~~。もうキノコが、しかも結構でかい。もうここは春か?雨季だからいろいろな植物が芽吹いているのか。しかしまだ春は先のはずだが?3月頃だが。
ところがまたまた春が?
 ジャファーがパパになるらしい。どうやらハネムーンベイビーらしい。6ヶ月だと言う。確か6月末日結婚したはずだが。ほんとの春、5月頃にはジャファーはパパになる。目出度し、目出度し。
c0112823_4243373.jpg

by matsumotoken | 2009-12-07 04:25
後藤君、博士論文終わったか~~~。
平山優、小谷、学費貯まったか~~~・
福原、卒論書けたか~~~。
ウムカイスにきた学生諸君、元気にやっているか~~~。
小野さん、バルーンが飛びたくて待っている。
ジャファーも気にしているぞ~~~。今では何と日本語で「おかえりなさ~~~い」と言えるようになった。たいしたものだ。
何時でもウム・イスは待っているぞ~~~~。
冬休みは戸田先生、小野先生、そして戸田先生の学生二人が自主参加するそうだ。賑やかになる。
今、季節は一番良い時だ。
c0112823_0584922.jpg

DOAの事務所のテラスから
by matsumotoken | 2009-12-05 00:59