2005年春から始まった発掘調査の概報をお伝えします。


by matsumotoken

<   2013年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


11月2日に国士舘大学世田谷・梅ヶ丘キャンパス、34号館B302教室で13時から16時30分まで「ヨルダン、ウム・カイス遺跡発掘調査報告2013」を開催いたします。皆さまぜひご参加ください。
FAX:03-5451-1927 / E-mail:iraqproj@kokushikan.ac.jp

第一部 ウム・カイス遺跡発掘調査報告
13:00 ~ 挨拶および「ウム・カイスの発掘調査2013」
      松本 健(研究代表者/ イラク古代文化研究所)
13:40 ~ 「柱修復のための調査」
      児玉 智明(理工学部)
14:00 ~ 「ヘレニズムとガダラの建造物の構造調査」
      小野 勇(理工学部)
14:20 ~ 「ユダヤ戦争における要塞都市ガダラの重要性」
      江添 誠(イラク古代文化研究所共同研究員)
14:40 ~ 「ウム・カイス遺跡の出土遺物」(ウム・カイスよりSkype 中継あり)
      Jafar Telfah(Co-resercher in Umm Qais)
      平山 優 ( グローバルアジア研究科 博士課程)
15:00 ~ 「ウム・カイスと東京都板橋区立三園小学校との文化交流」
      富田 富喜夫(ボランティア)
15:20 ~ 「2013 年夏の発掘調査に参加して」
      『西アジア考古学実習』参加学生
      (21 アジア学部・文学部 川村・奥村・岡崎・新谷・古賀・海老原・木下・田村・片岸・後藤)

第二部 世界遺産
15:40 ~ 「ヨルダンの世界遺産とウム・カイス」
      岡田 保良(イラク古代文化研究所)
16:00 ~ 「マチュピチュ遺跡保存修復プロジェクト報告」
      西浦 忠輝(イラク古代文化研究所)
16:20 ~質疑応答
by matsumotoken | 2013-11-01 17:14