2005年春から始まった発掘調査の概報をお伝えします。


by matsumotoken
7月31日に激しい爆撃の地響きがあったと報告しましたが、次の早朝には少々ドーン,ド~~ンと小さく聞こえたけれど、あれっ、異常に小さいな、爆撃は終わったかな、決着がついたのかと思ったところ、このところ爆撃音は全く聞こえず、昨日の話では戦闘はトルコとの国境にまだ残るが、ここヨルダンとの国境はもう開かれているとの話で、自由に出入りできるらしい。非難してきた人も帰ることができるらしい。政治のうえでは、荒廃した都市の再建設問題などが主題となっているとのこと、ただ米と露の駆け引きが裏では成されていることだろうと容易に察することが可能だが、復興までにはまだまだ問題が山積みだ。文化遺産保護の立場だと、パルミラや博物館など、気がかりなのは文化遺産の状況だ。北イラクのハトラやニネヴェやニムルド、博物館などもどうなっているのだろうか?何とかしたいものだが・・・・

c0112823_22494059.jpg
 20180804の朝8時前のウムカイスの東の空
ウムカイスの8月の空にこんなに雲が覆っているのは見たこともない、雨が降るのではないかと思ったほどだ、そのため早朝も暗く時間を間違えたくらい。それだけなら成程日本でもそうだし、気候変動かなと思えるだろうが、これにいろいろと尾鰭が付いてくる。それがまたシリアでの爆撃の粉塵が舞っているのだとか、7月31日の地響きは地震だったらしいとか、などが風評が飛び交う(地震の風評は東郷先生が論文にもされている)。この欄でも私が冗談のように遺跡内の倉庫兼作業部屋の天井が剥がれたのも、これが地響きと即ち爆撃のせいではないかと書いたのが、実は同様に我々発掘区域のところにヨルダンチームの発掘事務所があり、現在は閉鎖されていたのだが、ななな~~~んとこの建物の天井も同じ頃に剥がれていたのであった。同時期にこんなことがあるのかな?ジャファーもびっくり・・・!奇妙な現象があちこちに起こっている?こういういろいろな通常では理解できない現象が地下に埋もれた世界では起こっていた。それを紐解いていくのが考古学の醍醐味である。それが実際にあるのである。
因みに我々の倉庫兼作業室の天井は安全確保のため、全面はがし、当分はそのままにして、後でペンキを塗ることにしよう。
古代からこの屋根や天井をどう造るかが問題であり、難題だった。ウムカイスの博物館はロサーン部族長が住んでいた家屋を修復して、展示室などに改良しているが、天井を鉄筋コンクリートなどにするとその鉄筋が錆びて来てやがて天井が崩壊する。我々の家屋の天井も鉄筋の錆びが原因だ。一階建てだと葦を並べて通気をよくする方法が昔からとられている。これだけこの地域は湿気がかなり高いのである。

# by matsumotoken | 2018-08-06 22:41 | Trackback | Comments(1)
西円形劇場は4世紀ころに造られたといわれていますが、その後もいろいろと用途に使われていたようで、近年では秋にフェスティバルが開かれています。しかし今年は修復中、発掘中ということでどうなるのでしょう?それでも何とか開かれるのでしょう。
この西円形劇場は国士舘大学とヨルダン考古局の共同修復プロジェクトで朝日新聞の文化財助成の助成を受けて2年間実施されました。しかし中東の情勢悪化のために、2年間で中止されました。従ってここにウムカイスには3年間来ていないのですが、ここ西円形劇場はヨルダン考古局の手によって継続されていました。内容は劇場南の外側部分を発掘していました。ここはジャファーが発掘調査していた部分です。ジャファーは指示通り、散乱する石材に番号をつけて、データベースを造っていましたが、今現在は発掘はしているけれどあまり記録しているようには思えません。これでは発掘して多くの石材が出てくるでしょうが、実際修復するとなるとどうしていいのかわからなくなるのでないか、結局外に散乱することになるのか心配です。そこで長官に会う前ジャファーと下見に行きました。
気づいたことは、やはり現実に残っている劇場の現状を図化することが必要。個々の石を。始めるときにヨルダン側で図面は取ると言うことだったのですが。特に通路のボルトや座席の大きさなど細かく実測すると幾つかのパターンがわかります。石の積み方にもパターンがあるのです。劇場は全体に半円の弧を描いて造られているので、その直径に必要な弧があります。それをどう作り出すかにパターンがあるようです。やはり現地で一個、一個実測していく細かい調査が必要です。これらはまともにやって5年は最低必要でしょう。小野さ~~ン、ウムカイスが待っているよ~~ッ。
c0112823_23262349.jpg
   座席の下段の方は内側に円弧が作られています。座席の最大幅などは何cmでしょうね。
c0112823_23361799.jpg
一トン近いバサルトの石が積まれている、これにはクレーンが必要。20年位以上前の日本からの支援で、今も使われているクレーンも遂に部品交換が必要、さて部品は売っているだろうか。心配です。
c0112823_23321021.jpg

c0112823_23401673.jpg
これがトンネルの通路のボルトが無くなっている、これの修復が必要。間違いなくボルトが出来るか。
c0112823_23452485.jpg
これは出入り口の直線の通路のボルト
c0112823_23525832.jpg
トンネル状のボルト、このように同じ幅で、内反、外反して、円弧を描きながらバサルトの石が積み上げられて造られている。ここにパターンが見える。

# by matsumotoken | 2018-08-05 00:56 | Trackback | Comments(0)
西円形劇場は4世紀ころに造られたといわれていますが、その後もいろいろと用途に使われていたようで、近年では秋にフェスティバルが開かれています。しかし今年は修復中、発掘中ということでどうなるのでしょう?それでも何とか開かれるのでしょう。
この西円形劇場は国士舘大学とヨルダン考古局の共同修復プロジェクトで朝日新聞の文化財助成の助成を受けて2年間実施されました。しかし中東の情勢悪化のために、2年間で中止されました。従ってここにウムカイスには3年間来ていないのですが、ここ西円形劇場はヨルダン考古局の手によって継続されていました。内容は劇場南の外側部分を発掘していました。ここはジャファーが発掘調査していた部分です。ジャファーは指示通り、散乱する石材に番号をつけて、データベースを造っていましたが、今現在は発掘はしているけれどあまり記録しているようには思えません。これでは発掘して多くの石材が出てくるでしょうが、実際修復するとなるとどうしていいのかわからなくなるのでないか、結局外に散乱することになるのか心配です。そこで長官に会う前ジャファーと下見に行きました。
気づいたことは、やはり現実に残っている劇場の現状を図化することが必要。個々の石を。始めるときにヨルダン側で図面は取ると言うことだったのですが。特に通路のボルトや座席の大きさなど細かく実測すると幾つかのパターンがわかります。石の積み方にもパターンがあるのです。劇場は全体に半円の弧を描いて造られているので、その直径に必要な弧があります。それをどう作り出すかにパターンがあるようです。やはり現地で一個、一個実測していく細かい調査が必要です。これらはまともにやって5年は最低必要でしょう。小野さ~~ン、ウムカイスが待っているよ~~ッ。
c0112823_23262349.jpg
   座席の下段の方は内側に円弧が作られています。座席の最大幅などは何cmでしょうね。
c0112823_23361799.jpg
一トン近いバサルトの石が積まれている、これにはクレーンが必要。20年位以上前の日本からの支援で、今も使われているクレーンも遂に部品交換が必要、さて部品は売っているだろうか。心配です。
c0112823_23321021.jpg

c0112823_23401673.jpg
これがトンネルの通路のボルトが無くなっている、これの修復が必要。間違いなくボルトが出来るか。
c0112823_23452485.jpg
これは出入り口の直線の通路のボルト
c0112823_23525832.jpg
トンネル状のボルト、このように同じ幅で、内反、外反して、円弧を描きながらバサルトの石が積み上げられて造られている。ここにパターンが見える。

# by matsumotoken | 2018-08-05 00:56 | Trackback | Comments(0)

少々食べすぎ?

朝食は羊や山羊や乳牛からのユーグルト関係が多い、特に山羊の乳の良い所だけをクリーム状にした物はおいしい。日本でも毎朝コップ一杯は牛乳を飲んでいたが、こちらに来て急に味噌汁ご飯類から乳類に全面的に移って、胃もびっくりだったろう、何もなく順調にやがて一ヶ月になる。朝7時にパンと牛乳、レブン、ヨーグルト関係、ジャム、特にトマト,きゅうり、卵焼きなど、結構たっぷりの朝食だ、そして遺跡まで15分くらい歩く、知っている人や顔が合ったら、サラームアレクムと挨拶、行きには考古局が雇っている村人と一緒になる。8時から始まり、10時には休憩兼朝食、私は別に気にしないで遺物の整理、遺跡の中にある倉庫兼研究室、発掘用ハウス(dig house)は考古局が遺跡と認定して、遺跡内の住人を遺跡の外に移した痕の空き家を修理して使っている。しかし今のシーズン、部屋の中が蒸し暑いの旋風器が必要で、天井に取り付けている。こうして午後2時まで作業をして、一応終了。帰りはジャファーと帰り、宿舎までは一緒だ。彼は背が高く1m90cm?はあるのか、私は急ぎ足となり健康には良い。そして宿舎ではアハメッドが冷たい水を出してくれるので、キュウといっぱい、これが実においしい。そして顔を洗って、2時半には昼食、朝食に鳥、牛の角切、白身魚、野菜でひき肉を野菜の葉で包んだもの、豆類のトマトで煮たもの、豆のスープ、穀類のスープ、モロヘーヤなどが出る。これらが丼や皿に山と盛られるので最初は残しちゃ悪いと思って無理して食べていたら、残さないとそれで良いのだと、次は更に大盛りで出してくるので、遂に残すようになってきた、残った物は夕食に出してくれと言うことに。しかしながらパンパンとはこのことかとお腹をたたく。私は昼寝はしないけれど、毎朝4時に起きるとどうしても睡眠不足になりがちで、そういう時は少し横になる。夜は7時15分には夕食、そして9時過ぎには眠くなるの就寝。この頃は隣にあるモスクからアザーンが始まる。そして早朝にアッラーアクバルと大音声のアザーンが鳴る。という日課である。
イルビットの責任者のアムジェットさんがウムカイスに来たのでいろいろと話を伺った、イタリアが支援に力を入れているらしく、アンマンに修復のための研究室を建てるらしい。以前我々がイラク人の研修のために訪れたところだが、かなりの規模と聞いている5階建てくらいのビルらしい。それと修復センターがジャラシの東側の町の中に警察署があるところに建設するらしい。今後はジャラシで研修などがされることになる。ところでウムカイスあるいはいりビットは?何も特別なことは計画がない?少々寂しい感じである。ドイツ隊が石工さん養成を始めるとは聞いているが?それくらいであろう。とりあえず、村人は遺跡の清掃などの仕事を得ているようだ。また退役の年金者たちにはローマ軍に変身して観光客に何かサービス行進とかをする、ジャラシュ同様なことをやるらしい。いろいろと工夫されているのだが、なかなかうまくいった験しがない。 明後日は考古庁長官にお会いして、挨拶をする予定。
 
c0112823_00001296.jpg
c0112823_23230792.jpg

いただきまーす
c0112823_00340704.jpg
色気の無い街の通りの並びに一際目立つ鮮やかな花。


# by matsumotoken | 2018-08-04 00:41 | Trackback | Comments(1)
ウム・カイスに着いて7月8日以来、毎朝のようにどーんどーんと何やら大砲のような砲撃音が遠く、北方のシリアの国境から聞こえてくる。急に差し迫ったことではないので、あまり気にしていなかったが、今日は一段とどどーん、どん、どんといった大きい爆音で、また近いところから聞こえててきた。これはこのところネットで調べてても、TVニュースを見てても、シリア側で、所謂ロシア・シリア政府側が国境で反政府側・ISも含む、を追い込んでいるということか。そこでヨルダン側の国境ではこれ以上は難民は入れられないと国境を遮断している、そこでシリアの難民はイスラエル側へ非難しており、それをイスラエル側は受け入れているとのこと。まさにその前線での爆撃音がここウム・カイスまで聞こえてきている。(この爆撃音は2000年頃、イラクのハムリン盆地で発掘していた頃に、イラク・イラン戦争勃発時の国境での爆撃音を思い出した)ウムカイスの人々は平気な顔をしているが、内心はやはり心配しているし、爆撃音は気持ちのいいものではない。
その爆音のせいだろうか?ウムカイス遺跡内の倉庫兼研究室の部屋の天井の壁が落ちてきた(そこまでは地響きはしてないので関係はないけれど)、はがれ落ちて机の上や床はその上塗りの破片が散らばっている。ジャファーの頭を直撃しなかったので幸いだった。早速、どうせ剥がれるのであれば、危ないので、いっそう天井を全部はがしてしまおうということになった。大学がウムカイスの遺跡の管理・運営費を認めてくれた矢先に、次々と、こうしてまた維持管理が何かと嵩むものだ。
イルビット責任者のアムジェットさんが、Mr.Gotoはどうしてる?懐かしそうに聞いてきた。ウムカイスの若者がジェィダッラ(平山優)はどうしてるか、ウムカイスへ来るのかと聞かれた、ただここウムカイスでも少々世代交代が進んでいるようだ。ウムカイスの考古局も遺跡の発掘や、修復にまたかなりの人数を雇っているようだが、相変わらず、記録が十分にされていないのが心配だ。この記録を何とか手伝いできればいいのだがーー。私にできることをお手伝いできれば良いと思っている。因みにジャファーと一緒に遺跡・遺物・機材・事務所の維持管理をしているのはジョンマとビラ-ルで。ジョンマには3Dの土器撮影方法を教えているが何とか使えるかな???というところ、またそのジョンマには彼の馬に乗せてもらおうと企んでいる。それではまた近く、今流行っているフェイク?ニュースもあわせて報告します。次回は少し学術的なことを乞うご期待。
c0112823_01220649.jpg
c0112823_01480082.jpg
天井が剥がれてしまった。困った!困った!
こんなときに役に立つのが何でも屋のビラール、頼みますよ!




# by matsumotoken | 2018-08-01 00:13 | Trackback | Comments(1)